カビの繁殖に注意

水回りコーティングの必要性

水回りの中でも特に浴室カビが繁殖しやすいところで有名です。この浴室のカビをなくすためには普段からよく掃除をして、しっかりとした換気をする必要がありますが、根本的に目に見えないカビがついているため、それを防ぐには、コーティングをする必要性があります。カビは、子供が居る場合にアレルギーの原因となることや大人でもカビによってアレルギーが発症する人も多いのです。例えば、花のかゆみや炎症、目の痒みが炎症などといった症状が出て来やすいのです。

その種類について知ろう

水回りコーティングには、様々な種類があります。例えば、これから水回りコーティングを行う場合は、見積もりをする必要がありますが、見積もりの段階でで急いで水回りコーティングの種類を決めても、後になってやはり別のコーティングにすればよかったという後悔をすることもあるかもしれません。それらを防ぐためには事前に水回りコーティングについて知っておくことが必要になります。水回りコーティングの種類の1つにフッ素コーティングがあります。これは比較的価格が安いのですが、その反面防水性や防汚性がいまいちです。耐久年数も1年と短めですが、入門用には良いかもしれません。これに対して、シリコンコーティングがあります。価格を標準的ですが、その分防水性などに優れています。耐久年数は2年ほどです。